FC2ブログ
11月になって秋晴れの日が続いているが、朝晩の冷え込みは一気に厳しくなってきた。
きのこシーズンは終わってしまったが、お次は当然、自然薯の季節だ。
さっそく昨日、初掘りに行ってみた。

20191106 ミニケヤキの紅葉
我が家のミニケヤキたちも、赤や黄色など思い思いに色付いている。

20191106 輝く山芋の葉
お目当てのヤブでは、自然薯の葉っぱが秋の日に照らされて黄色く輝いている。ツルはまだ繋がっているようだ。
よ~し、このヤブに突入だ~。

20191106 掘り上げ完了
何じゃ、こりゃ~?
今年の1本目、そこそこの芋を掘り上げたが、撮り方が下手なので、これでは何が写っているのかよく分からない。 (^^ゞ
きのこと違って難しい・・・

20191106 収穫
本日の収穫。
いきなりだが、自然薯掘りはどうにも絵にならないので、これでおしまい。
場所の選定が悪かったのか、あまり良い芋は掘れなかった。次回以降に期待しよう。

20191106 ヤマカケ
何しろ今年の初物。カミ様にブツブツ言われながらも赤身のマグロをフンパツした。もちろん、ヤマカケで一杯だ。
明日はとろろご飯がいいかな?
それにしても、マグロは高くなったな~

関連記事
2019.11.07 / Top↑
早くしないとクロシメジの時期が終わってしまうが、今シーズン、まだ行っていない雑木山が残っている。
どんどん進む季節に急かされるように、一昨日の27日、曇り空にもかかわらず出かけてみた。

20191029 紅葉1
・・・が、期待していた山にきのこは影も形もなかった。
当然、きのこの写真は無いので、紅葉の写真でごまかすしかない。 (^^ゞ

毎年、クロシメジが採れる場所なのに、今年はどうしたことか・・・
誰かに先を越された形跡もないし、また反省材料が増えた。

20191029 チャナメツムタケ
ガッカリしながら、やむを得ず少し戻って別の山へ・・・
そこでようやくチャナメツムタケを見つけて一安心だ。
これで手ぶらで帰ったら、カミ様に笑われるのは間違いない。 (・・;)

20191029 クリタケ
お次はクリタケ。
まあ今の時期、このきのこくらいは採れるはずではあるが・・・

20191029 クロシメジ
クロシメジも少しだけだが見つけることができた。
~。これで何とか格好が付くというもんだ。 (^_^)v

20191029 紅葉とエビス
まあ、きのこよりもコッチが第一という考えもあるが・・・
紅葉に囲まれたひっそりとした山の中で、まるで時間が止まったようだ。
(その割にはエビスの減るのだけは速い。)

20191029 ムキタケ
伐採して放置された埋もれ木の中にムキタケが出ていた。
ヒラタケも少しばかり出ていたが、思わず先に手が伸びてしまったので、写真は撮り損ねた。

20191029 紅葉2
あいにくの曇り空だったが、紅葉が進んで地面に散った色とりどりの葉っぱがきれいだった。

どうやらクロシメジも終わってしまったようだし、今シーズンのきのこはこれが採り納めだろう。
ひとシーズン楽しませてくれた雑木山に感謝しながら現地を後にした。

20191029 収穫
本日の収穫。
きのこの種類も量も前回とほとんど同じで、新聞の日付を見なければ区別できないくらいだ。
まあ、似たような雑木山を歩いているのだから、当然といえば当然か。

さてさて、きのこ採りが終われば、遊びはぼちぼち冬モードだ。
道具も冬仕様に入れ替えなければならない。
焼酎のお湯割りでもチビチビ飲りながら、今後の作戦を考えるとしよう・・・

関連記事
2019.10.29 / Top↑
10月下旬になり、今年のきのこシーズンも残すところわずかになってしまった。
前回は採れなかったクロシメジだが、もう出たはずだと思い、一昨日の23日に探しに行ってみた。

20191023 クロシメジ1
そのシーズンに初めて採る種類のきのこにはやっぱりワクワクする。
さっそく、毎年採っているきのこのシロに向かってみると、
いた、いた。やっぱりいましたよ。今年初のクロシメジが・・・

20191023 チャナメツムタケ
こっちには、ナメコに勝るとも劣らない風味のチャナメツムタケ。
残念ながら、あまり数は採れなかった。

20191023 クリタケ
倒木の根元にクリタケを発見。
ビッシリという訳にはいかなかったが・・・

20191023 紅葉ランチ
少しずつ濃くなってきた紅葉に囲まれてランチタイム。
エビスは美味いし、静かだし、もう言うことなし。

20191023 ムキタケ
隣の山では立ち枯れの木にムキタケがゾックリ。
水分が多いきのこなので、カゴが一気に重くなる。

20191023 クロシメジ2
クロシメジは目立たないので、ゆっくりと地面を這うように探さないとなかなか見つけられない。
秋のひっそりとした山の中でのクロシメジ探しは、他のきのことは違って、また別な趣がある。

20191023 色付き始め
一段落して周りを見れば、色付いたモミジが秋の陽に映えて鮮やかだ。
南会津の標高1000メートルあたりでも、来週くらいから見頃になりそうだ。

20191023 収穫
本日の収穫。
欲を言えばきりがないが、もう少し採りたかったかな・・・
まあそれでも、クロシメジがそこそこ採れたので、良しとしよう。

いずれにしても、今年のきのこ採りがいよいよ最終盤になってしまったことを実感する1日だった。
今年は行ってもあと1、2回かな

20191023 きのこ洗い
それはさておき、きのこ洗いの仕事がまだ残っている。
何しろ天然ものゆえやむを得ないが、たくさんの虫やごみが付いているので、バサバサと塩を振って洗わなくてはならない。

まあ、チビチビ飲りながらだから、途中でどうでもよくなってしまうのは毎度の事なのだが・・・
 グビリ、 チビリ、 イ ~  ZZ ・・・

関連記事
2019.10.25 / Top↑
10月の半ばを過ぎて、朝晩は肌寒さを感じるようになってきた。
そういえば我が家のカミ様は、コタツの用意をしていたっけ。

20191019 087
近所では、柿がすっかり色付いた今頃になってキンモクセイが咲いている。
ということは、秋きのこがまだまだ採れてもよさそうだが・・・

20191019 013
一昨日の17日、期待して出かけたがどうも芳しくない。
まずは遅めに出るきのこ、チャナメツムタケが少しだけ。

20191019 040
これも遅めのきのこ、クリタケ。
本来ならもっと大きな株になるはずだが・・・

20191019 032
ナラタケも申し訳程度に、ほんの少しだけ。
こんな調子ではカゴがなかなか重くならない。

20191019 046
汁物にすると美味しいハナイグチ。
これも採れるときはたくさん採れるのだが・・・

20191019 026
木々は少しずつ色付き始めたようだ。
この辺で紅葉が見ごろになるのは2週間後くらいか。

20191019 057
本日の収穫。 あらら~
9月の滑り出しはサクラシメジ、シシタケと好調だったのに、それ以降はさっぱり。
先日の台風で大雨が降ったが、1回きりの雨ではなかなか回復しないようだ。
(いやいや、ヘタクソなだけなんじゃないの~?)

20191019 060
涼しいので、おでんをつつきながらチビチビと・・・
収量が少なければきのこ洗いは簡単だが、ちょっと物足りない。
きのこを片付けたら気分も新たに飲み直しだ~!

今年のきのこシーズンは、もう終盤に入ってしまった。
次回は、クロシメジが採れるだろうか・・・

関連記事
2019.10.19 / Top↑
きれいな秋晴れの一昨日。
紅葉が見ごろの那須岳周辺へも行きたかったが、風が強そうだったので、無難にきのこ採り。

ただ、雨が少なくて、状況は前回とあまり変わっていない。
採れなくてもともとの覚悟で、8時半頃の出発だ。

20191010 041
シシタケは流れてしまい、もう今年は終了したようだ。
また来年を楽しみに、そっとしておいた。

20191010 066
カキシメジはまだ健在。
といっても、1箇所で見つけただけだ。

20191010 077
センボンシメジの小株。
見置きするかどうか迷ったが、今度来る台風でどうなるか分からない。
心を鬼にして、没収。

20191010 061
鹿の角が片方だけ落ちていた。
それほど大きくはなかったし、周囲に骨などはなかったので、生えかわりで抜け落ちらものらしい。

20191010 050
倒木にはハナビラニカワタケ。
それほど美味しいきのことは思はないが、新しそうなものだけ味見用にゲット。

20191010 071
ムレオオフウセンタケが1本だけ大きくなっていた。
本来ならまとまってシロになっているはずのきのこだが・・・

20191010 039
しめくくりはショウゲンジ。
これも、いつもの年は採り切れないくらい出るきのこだが、今年は疎らにしか出ていない。

20191010 092
本日の収穫。
やっぱり、本シコではない。 (ヘタクソなだけか・・・?)

いやいや、まだ10月の前半。これでお仕舞いでは心残りだ。
今度の台風が、災害にならない位のほどほどの雨をもたらしてくれるのを期待しよう。

関連記事
2019.10.11 / Top↑