FC2ブログ
つい先日極大を迎えたふたご座流星群は、マスコミでもけっこう取り上げられていたようだ。一方、あまり話題にはなっていないが、実は冬の夜空にはもう1人の訪問客が来ている。

ウィルタネン彗星。
その筋の本によると、1948年に発見された5.4年の周期彗星らしい。今、おうし座を移動中とのことなので、物は試しにカメラを向けてみることにした。

20181215 011
これは、撮ったまんまの1枚もの。
撮ったのは昨日(15日)だが、上弦の月が出ていたので、その影響がなくなるまで待たなければならなかった。

20181215 wirtanen
キヤノンEOS 50D
キヤノンEF 28mm F1.8
F=4 ISO3,200 露出60秒 × 30枚コンポジット
大きな画像はこっち → どれどれ?


30枚重ねて、ゴニョゴニョ捏ね繰り回したのが上の写真。
彗星特有の長い尾は見られないものの、プレアデスやアルデバランとの色の対比がそこそこ写っている。
月が沈む11時過ぎまで 粘った成果だ。 (飲み過ぎないように調節しながらだから、これがなかなか難しい。)

20181107 CYG
1種類だけでは寂しいので、オマケにもう1枚。
先月撮ったはくちょう座だ。赤い星雲などがカラフルに写ってはいるが、どうも発色が気に入らなくて (下手クソなだけ) 放ったらかしになっていた。
まあ、ずいぶん西に傾いていて時期的には厳しい条件ではあったが、まだまだ修行が足りないようだ。よって、拡大写真は・・・ナイショ

関連記事
スポンサーサイト



2018.12.16 / Top↑

もう12月。カレンダーも残り1枚になってしまった。

そろそろ、来年の分を確保しなければならない。


20181202 010

近くの公園では紅葉がまだ残っているが、あと何日くらい楽しめるだろうか・・・


20181202 057

我が家の狭い庭にあるモクレンも色付いて、カサコソと音を立てて落葉を始めたが、よく見ると花芽をつけて、しっかりと来年の準備をしている。自然の営みとは大したもんだ。


20181202 031

のすぐ脇では、ラズベリーが赤い実をつけている。春と秋の2回楽しめるが、今年は今回が最後の収穫だろうか。


20181202 049

本日の収穫。

一応、収穫はしてみたものの、どう料理しても酒のつまみにはなりそうにない。我が家のカミ様が、そのうちジャムにでもするんだろう。

関連記事
2018.12.03 / Top↑