FC2ブログ
何年かぶりに、カヌーで川下りに行ってきた。
6月になると鮎釣りが解禁になるので、今しかできない季節限定の遊びだ。

20180526 004
行ったのは先週の金、土曜日で、場所は烏山の那珂川沿い。
無料で、設備は簡易トイレと水道しかないが、シチュエーションは抜群だ。
利用者のマナーは悪くないようで、ごみの持ち帰りと直火禁止はほぼ徹底されている。

20180526 132
サイトを設営して、明るいうちから早速カンパイ。
自由気ままにゆっくり飲める。何しろ今日は泊まりなのだ。

20180526 127
夕暮れ時のゴールデンタイム。
焚き火の煙が雰囲気を盛り上げている。

20180526 043
空を見上げれば、月が輝き始めていた。
すでに宴会モードは、全開だ・・・

20180526 144
さて、翌日はカヌーでの川下りが待っている。
サイトを撤収して、川下の上陸地点に車を置きに行く。

20180526 073
上陸地点の駐車場に到着。
ここからは、さっきのテントサイトまでサイクリングで逆戻りだ。

20180526 076
自転車で約1時間、程よく汗をかいたところで、キャンプ地まで戻ってきた。
ここから、いよいよ川下りが始まる。

20180526 093
カヌーを漕ぎ出したところで、やっぱりコレコレ!
いつもと違う景色を眺めながら、気分爽快

途中、所々に波立つ瀬があって面白いが、瀬では写真を撮っている余裕などはない。 「沈」 は、したくないもんね。
ただし、波は盛大にかぶるので、下半身はずぶ濡れになる。

20180526 116
5月最後の週末とあって、川岸はテントやカヌーで賑やかだ。
3時間ほど楽しんだところで、川下りは終了。

20180526 119
最後に、キャンプ地で自転車を回収して帰路に着く。
それにしても、ずいぶん雑な積み方だ・・・

好天に恵まれ、たっぷり遊んだ2日間だった。

関連記事
スポンサーサイト



2018.05.28 / Top↑
20180522 064
しばらく更新をサボっているうちに、季節はずいぶんと進んだようだ。
庭の片隅では、ギョウジャニンニクが花を咲かせている。

今年の山菜採りは、低調で消化不良のうちにメインのシーズンが終わってしまった。
だからという訳ではないが、天気が良かった昨日、ネマガリタケ採りを兼ねて、百村山に行ってきた。

20180522 071
平日のせいもあって、静かで誰もいない山頂。
エゾハルゼミの鳴き声だけが響いていた。

20180522 086
カタクリが咲く山でもあるが、この時期、もう花は終わって実をつけていた。

20180522 113
三石山から先では、シロヤシオの花が見頃を迎えていた。
うつむき加減で控えめだが、あちこちにびっしり咲いている。

ただ、これ以上登っても、展望のよい場所はほとんどないので、ころあいを見てユーターン。

20180522 119
三石山でのんびりとしたひと時を過ごす。
エゾハルゼミの声が、やかましいくらいに降り注いでいた。

20180522 114
三石山からの展望。
かつてはもっと開けていたが、辺りの木々が育ったせいで、眼下に広がる那須野が原が見えにくくなってしまった。

あとは途中で寄り道しながら、ゆっくり下るだけだ。

20180522 123
そして本日のお土産、ネマガリタケ。
一時間少々、笹薮と格闘した成果だ。

20180522 124
夜はネマガリタケの皮むきが待っているが、チビチビ飲りながらなので、苦にはならない。
が、むき終わった皮の量に比べて、身の方はなかなか貯まらない。
途中でピンハネしてるヤツは誰だ?!

なるほど、酒が進むのも止むを得ない。 (^^ゞ


関連記事
2018.05.23 / Top↑