FC2ブログ
先週採ってきた初物タラボは、たちまちなくなってしまった。
やはり、旬のものはおいしいノダ。

週末は、土曜日なら何とかお天気が持ちそうだ。
そこで早速、新しいタラボの山を探しに出かけてみた。

20130420 004
初めてのヤブ山を徘徊して、ようやくタラボにめぐり合えた。
後ろに写っている茶色いものは、山芋のカラカラ(種)。
ということは、冬には山芋も期待できそうな場所だ。

20130420 013
上の方にばかり気をとられていたが、足元を見るとゼンマイがあった。
食べるまでに手間のかかる山菜だが、少し採っていくことにした。

20130420 027
そして、やっぱりコイツがなくては・・・
シーズン初なので、プレモルでお祝いだ。 (何が目出たいんだか・・・?)(^^♪
先週は午後の2時間くらいしか歩かなかったので、楽しめなかったもんね。

20130420 032
本日の収穫。
これでしばらくの間、旬の山菜がまた味わえるというものだ。
どうせ、来週もまた採りに出かけるとは思うが・・・

関連記事
スポンサーサイト



2013.04.20 / Top↑
近所の桜の花が散って、葉桜になった。
桜の葉っぱが芽吹けば、当然、ほかの木の葉も芽吹くはずだ。
というわけで、好天に恵まれた週末、時間を見つけて山菜の山へ向かった。

20130414 009
キ、キター!\(^o^)/ タラボ(タラの芽)が、もうこんなに大きくなってる。
いつもの年より、10日くらい早いようだ。

20130414 013
続いてシロキ(コシアブラ)もゲット。
これはまだ小さいものが多かった。

20130414 015
逆光に映えて輝いている。思わず、ニンマリ・・・ (^^)v

20130414 028
まだ四月の半ばだというのに、場所によっては全開状態だった。
まさに春のつかみ取り。懐かしい感触だ。

20130414 003
ただ、開いている芽はやはり少数派で、小さいものが多かった。
この先も、まだまだ楽しめるということだ。

20130414 004
最低限、1回食べる分が採れれば、気持ちに余裕も出てこようというもの。
足元に目をやると、カタクリの花が春の風に揺れていた。

20130414 025
本日の収穫。今の時期、短時間でこれだけ採れれば大満足。
今夜は、さっそく初物タラボの天ぷらで一杯だ。
コデランネ~!

関連記事
2013.04.14 / Top↑
ポータブル赤道儀CD-1は、小さい割にはなかなかの代物のようだ。
そうなれば、さらに精度の高い追尾をしてみたくなるのが人情というもの。
そこで問題になるが正確な極軸合わせだが、中年オヤジの近眼+老眼では、付属のパイプは何の役にも立たなかった。
極軸望遠鏡(極望)が欲しいところだが、専用のそれは1万円もする。
小遣いにそんな余裕はない。となれば、あとは自作の道しかない。

20130330 006
CD-1をよく見ると、極望取り付け用のネジ穴がきってあるので、ここにネジ止めだ。
望遠鏡は、前に買って遊んでいた星の手帖社の4センチのレンズが手元にあったので、これを再利用する。
鏡筒はもう跡形もないが、トイレットペーパーの芯などを利用して組み立てた。

20130330 016
取り付け台は、得意な(これしかできない)木造。
角度にだけは気をつけてカットし、ボンドで接着した。

20130330 005
お次は、実際にCD-1に取り付けて、方角の確認だ。
赤道儀の回転軸に極望の向きが合うように、実写しながら微調整する必要がある。

20130330 004
上の写真は、夜、赤道儀を回しながら20分露出したものだ。
電柱の中程を中心に赤道儀が回転しているので、極望のセンターがここを向くようにすればいい。

20130330 729
あとは、極望内の視野に目印の線を引く。
といっても実際には、アイピースの内側に線を引いたセロテープを貼っただけ。 (ハハハ・・・)
円の直径は、角度にして約1.5度(たぶん)なので、北極星がこの線上にあればいいことになる。
方位角は、季節や時間によっても違うので、その都度ほかの星座の位置から見当をつけるしかない。
相変わらずいい加減だ。

せっかくの週末なのに、さえない天気が続く。
あと10日もすれば、いよいよ春の山菜シリーズが始まる。
そうなれば、当然、山菜採りの方が優先だ。
極望を使っての試写は、いつになることやら・・・

... 続きを読む
関連記事
2013.04.07 / Top↑