FC2ブログ
まだまだ寒い日が続くが、春の香りを楽しみたくなって、近くの田んぼへセリを摘みに行ってきた。

20130210 020
寒い中でも、けっこう大きくなっていた。
半分凍った土の中から苦労して掘り出したセリ。

20130210 022
きれいに水洗いして、ようやく食べられるようになった。
さて、鍋に入れるか、やっぱり天ぷらか。
 (どっちにしてもこれで一杯だ・・・)

関連記事
スポンサーサイト



2013.02.24 / Top↑
チビチビと楽しみながら食べてきた山芋の掘り置きが底を突いた。
そこで、3連休の中日の昨日、久しぶりに探しに行ってみた。

20130210 038
狙いを定めた笹薮は、日陰にまだ雪が残っている。
期せずして、雪を眺めながらのランチタイムとなった。
雪と芋掘り棒はなんとなくミスマッチだが、ビールは(たとえ第3でも)どんなシーンにもマッチしてしまう。 (気のせいか?・・・)

20130210 032
本日の収穫。現地の雪の上に並べてみた。
何とか5本見つけることができたが、どれも途中で枝分かれしたタコハチ芋で、細切れになってしまった。
まあ、洗うのに多少手間はかかるが、味が変わる訳ではないので、今の時期、よしとするか。
今シーズンの山芋掘りはこれで終了かも・・・

関連記事
2013.02.11 / Top↑
モータードライブ式の簡易赤道儀がせっかく届いたのに、月明かりの影響でその実力を発揮できないままに日が経ってしまった。
月の出がようやく遅くなってきたので、新兵器CD-1で試し撮りをしてみた。
撮ったのは、1月31日。

20130119 006
狙うのは、ちょうど撮りやすい角度に昇ってきたオリオン大星雲。
広角側では問題なく写るはずなので、いきなり望遠側の200ミリからテスト。
35ミリフィルム換算では320ミリに相当する(たぶん)。露出時間は45秒。
お~! なかなかやるじゃないか。ちゃんと点像で写っている。手動式ではこうはいかない。

20130119 010
調子に乗ってお次は300ミリに挑戦。我が家にある一番長いレンズだ。露出時間は30秒。
わぉ~!! 結構、迫力のある写真が撮れる。
強拡大すると、わずかに像が流れているように見えるが、普通の大きさで見る分には全然問題ない。
(相変わらず、画面の中心からはズレているが・・・)

北極星も見えないベランダで、分度器と方位磁石頼りの極軸合わせしかしていないのに、たいしたもんだ。
これは、もっと空の暗いところまで遠征するしかないか。
それにしても、ど素人でもこんな写真が撮れてしまうとは、デジタル技術の進歩、恐るべし。

関連記事
2013.02.03 / Top↑