FC2ブログ
あまりにも天気がいいので、無理を承知で休暇を取ってしまった。
きのこは先日たくさん採れたので、今日は展望を求めて久しぶりに那須へ。

20110928 081
標高2千メートルに満たない山々だが、アルペンムードは満点だ。
まだ紅葉には早かった。いつもの年より少し遅れているようだ。

20110928 030
駐車場から2時間ほどで着いた三本槍岳山頂。風も弱く、穏やかだ。
三倉、大倉の尾根を眼下に眺めながら、至福のひととき。サイコー!

20110928 049
三本槍岳側から望む朝日岳。
空の青さもさることながら、雲海もなかなかだった。

20110928 061
朝日岳の山頂にはには、人が減るであろう帰りがけに寄った。
おかげで最高の眺望を独り占めすることができた。

関連記事
スポンサーサイト



2011.09.28 / Top↑
昨日たくさん採れたシシタケを天日乾燥する。

20110924 041
こうすると、風味が増して長期保存も可能になる。
庭に、いい香りが漂う。
1本丸ごと干すのが普通だが、台風の雨に当たったきのこなので、早く乾かすために小さめに裂いて干してみた。

20110924 047
涼しくなってトンボが山から下りてきているが、赤くなった個体はまだ少ない。
空も秋の空になって、先日までの暑さがうそのようだ。

関連記事
2011.09.25 / Top↑
気持ちいい秋晴れとなった土曜日。こんな日に、山へ行かない手はない。
どんなきのこが出ているか、期待して山へ。

20110924 001
出だしは何も見つけられず、次に行く山を考え始めた矢先、
やっぱり出ていました、待望のシシタケが。

20110924 011
そして、まあこんなもんかと一応満足して帰る途中のこと。
シシタケの巨大なシロを発見。ズラッと並んだ姿は壮観だ。
手前の大株は、朽ちかけていた。あ~、もったいね~。
サクラシメジなどでは見かけることはあるが、シシタケが菌輪を描いて発生しているのを見たのは初めてだ。
籠とレジ袋を総動員して、ヨロヨロしながら山を降りた。

20110924 025
前回、見置きしたセンボンの株は、これだけ育っていた。
もう少し大きくなっていることを期待していたが、今回はゲット。

20110924 021
本日の収穫。まさに、シシタケのオンパレードだ。
台風の大雨さえなければ、もっといい状態だったろうに、残念。
(どこまで欲が深いんだ?)

20110924 036
たくさん採れたので、晩酌のつまみはもちろんシシタケ。
ホイル焼きに塩を振ってワイルドに味わう。ん~、コデランネ!


関連記事
2011.09.24 / Top↑
3連休の最終日、ようやく自分の都合とお天気が一致した。
このところ雨は降っていないが、シシタケが出ているかもしれない。

20110919 004
小さな株ではあったが、最初の山で運よく見つけることができた。
まずは、当初の目的達成。来た甲斐があったというものだ。
これで、気持ちにも余裕ができる。

20110919 010
9月も後半だというのに、チタケをあちこちで見かけた。
このところの暑さのせいだろうか。新しいものが多かった。

20110919 013
雨があまり降っていないため、山はパサパサだ。
そんな中、センボンの幼菌を発見したが、さすがにこの大きさでは、「見置き」。
次回、大株に育っていることを期待しよう。

20110919 015
きのこには申し訳ないと思いながら、自分の喉だけはしっかりと潤した。
そして次の山でとうとう見つけたのが、コレ。まだ若々しい極上のシシタケだ。
うれしいことに、このあとも何株か見つけることができた。

20110919 029
本日の収穫。
3連休最終日でこれだけ採れれば言うことはない。ウシシ(^^)v
今週はひと雨降りそうなので、次の週末の作戦を立てなければ・・・

関連記事
2011.09.19 / Top↑
双眼鏡を使ったデジスコもどき3部作で撮った画像を比較してみた。
撮影は、久しぶりに晴れた9月8日。

20110911 7x50
まずは、40年前のカートン製7×50の画像だ。
色収差も結構あるし、こんなもんかな~。

20110911 7x20
次は、最近買った日の出光学の5×20。
小口径でも50ミリと遜色ないのは技術の進歩ということか。

20110911 10x30
最後に本命、キヤノンの10×30。
我が家で一番高い双眼鏡だけあってそれなりにシャープに写っている。
撮影技術向上の余地はあるが、「もどき」ではこの辺が限界かも・・・


関連記事
2011.09.11 / Top↑
台風やら何やらで、2週間きのこ採りを休んでしまったが、もう9月10日。
秋のきのこが出始めているはずだ。ということで久しぶりに山へ・・・

20110910 005
最初に見つけたのは、なんとカキシメジ(標準名クリフウセンタケ)。
もうコイツが出ているとはちょっと意外だった。今年は当たり?

20110910 024
お次は、当然期待していたサクラシメジ。
見た目にもきれいなきのこが列をなしているのは、いつみても見事だ。

20110814 030
イッポンシメジもゲット。
判定が難しいきのこなので、帰りがけに峠のきのこ屋で確認してもらった。

9月の割には暑い日だったので、お昼には当然「プシュッ」という音が森の中にこだましたが、写真を撮る間もなく飲み干してしまった。

20110910 018
センボンも見つけたが、まだ小さくてさすがにもったいない。
考えた末、右半分だけを収穫してみた。次回の育ち具合に請うご期待。

20110910 012
今年は終了と思っていたが、どっこい、チタケも健在だった。
これはうれしい誤算だ。

20110910 030
本日の収穫。
収量の多い順に、サクラシメジ、カキシメジ、チタケ、イッポンシメジ、クロカワ、センボンなど。

関連記事
2011.09.10 / Top↑