FC2ブログ
いつものきのこ山には200ミリを超える雨が降ったようだ。
その影響で、今週末のきのこ採りは見合わせた。

そこで今日は、デジスコもどきに次いで、前々から作ってみようと思っていたポータブル赤道儀 (通称ポタ赤) を作ってみることにした。
集成材の板を使うので、ポタ赤ならぬ 「イタ赤」 だ。

20110715 009
ネットの記事を参考に、簡単な設計図をつくり、必要な材料をホームセンターで調達。

20110715 015
本体となるパイン集成材を寸法に合わせて切断し、ドリルで穴あけ。

20110715 018
操作ボルト用のオニメナットと雲台用のボルトを埋め込む。

20110715 021
操作用のボルトの先端は、回した時に板の動きが波打たないように、やすりできれいに丸めておいた。

20110715 027
蝶番を取り付ければとりあえず形になった。
非常に簡単な構造だが、そこそこの星野写真が撮れるらしい。

20110715 031
早速三脚に取り付けて、カメラを固定してみた。
フムフム、なかなかカッコいいではないか。
ちょっと時間はかかるが、もうひと手間かけてニス塗りもしてみよう。
ということで、今日の完成はおあずけ。

関連記事
スポンサーサイト



2011.07.31 / Top↑
カラスの襲撃でヒナを奪われたキジバトのつがいが、抱卵に再挑戦している。

20110724 006
巣作りをするキジバトのつがい。
カラスに襲われた巣を補修してまた使うらしい。ちょっと手抜きじゃね?
(窓ガラス越しに撮ったので、ブラインドが写りこんでいる。)

20110730 002
そして気がつくと、親バトの足元には白い卵が・・・

20110730 004
親バトが巣を留守にしている間に覗いてみると、卵がひとつあった。

まだ写真は撮れていないが、今はふたつの卵を抱えているようだ。
また、カラスに襲われてしまいそうなものだが、どうなることやら・・・

関連記事
2011.07.30 / Top↑
日曜日。好天とはいえないが、何とか雨は降らずに済みそうだ。
台風に伴う雨でチタケが出たことを期待して、山に向かう。

20110724 010
午前中に入った山はタマゴタケばっかりで、チタケは一本も出ていなかった。
このきのこはマイナーではあるが、いい出汁が出るのでしっかりゲット。

20110724 026
第3のビールで至福のひと時を過ごしたあと、午後の山で本命きのこチタケを発見。
ただ、どれも小さめで、本格的に出るのはこれからのようだ。

20110724 034
本日の収穫。目方で量るのではなく、本数で数えるレベルだ。
今週そこそこの雨が降れば、次の週末にはもっと採れるかな・・・

関連記事
2011.07.24 / Top↑
3連休の中日の昨日、今年初のきのこ採りに行って来た。
まだ少し早いのは分かっているのだが・・・

20110717 002
いつものきのこ山に、今年も来たぞー!
期待と不安、感謝と畏怖。久しぶりの山に、少し緊張しながら入山する。

20110717 011
そして、そして、でたーーー!
待望の初チタケだ。

20110717 017
数は少ないものの、初物チタケをありがたく収穫する。

20110717 069
そしてやっぱり、こっちもでたー!
コイツなくして山歩き、きのこ採りは語れない。

20110717 049
道端で、カラスアゲハを発見。
かたまって、じっとしている。

20110717 064
何をしているのかは分からないが、近寄っても逃げようとしない。

20110717 082
こちらも夏きのこの定番、タマゴタケ。

20110717 087
本日の収穫。
数は少なかったが、それなりの風味は楽しめるだろう。
一雨あれば、来週からはいよいよ本格化する(はずだ)。

関連記事
2011.07.18 / Top↑
去年の暮れに試作した双眼鏡を使ったデジスコの写りがイマイチだったので、別の双眼鏡を使って、再挑戦することにした。

20110703 008
デジスコ第2作目は、最近買った日の出光学の5×20を使ってみた。
双眼鏡自体は使いやすいのだが、口径20ミリでは写りにも限界があるようだ。

20110701 031
デジスコ3作目。双眼鏡は、キヤノンの防振機構の付いた10×30。
我が家の双眼鏡の中では、一番の高級品がついに登場。
ただ、手ブレ補正が付いているくらいだから、三脚取付けネジなどはないので、台座に据え付けるためには工夫が必要だ。

20110701 024
U字ボルトを使って木製の台座に取り付けることにしたが、今度は、台座を三脚に据え付けるのに一苦労。
カメラや三脚のネジ(インチサイズ)の規格に合った爪つきナットは、田舎では売っていない。
そんな時見つけたのが、コレ。棚ダボ用のメネジだ。80円で済んだ。

20110701 045
双眼鏡とカメラの光軸は、L型金具を組み合わせて調整できるようにした。

20110701 044
その他の細かな部材も、ホームセンターをハシゴして買い揃えた。
費用は、千円までかかっていない。
台座の板は、50年近く前、小学校に入学するときに買ってもらった机の引き出しの側板だ。

20110701 002
焼酎のロックをチビチビ飲りながらの工作風景。
作る目的の半分以上はこれ?

20110701 065
そして完成。これが一番良く写るはずだ。
今度晴れた日の夜、月を撮ってデジスコ3部作の写り具合を比較してみたい。
その結果によっては、ニコンの7×50が欲しくなってしまうかも・・・

さあ、次回はいよいよ今年の初採りチタケの予定。
例年より早く出ると予想しているが、どんなもんか・・・

関連記事
2011.07.16 / Top↑
ツバキの木に営巣していたキジバトのヒナの姿が見えなくなった。

20110710 016
巣に近寄ってみると、このとおり空っぽだ。(あまりよく見えないが)
カラスに襲われたに違いない。相手がカラスでは、ひとたまりもなかっただろう。

20110710 001
ヒナを奪われたキジバトのつがい。
心なしか、悲しみに耐えているような気がしないでもない。

キジバトにはかわいそうだが、カラスだって生きるために必死なのだ。
巣立ちのまでの様子は観察できなかったが、自然界の厳しさを垣間見る結果となった。

関連記事
2011.07.10 / Top↑
20110701 014
庭の片隅で生まれたキジバトのヒナは、順調に育っているようだ。
2階のベランダから覗いて見ると、親鳥の陰に隠れてはいるが、2羽のヒナが確認できる。

20110703 012
親鳥が巣を離れた隙に、ヒナを撮ることができた。
お世辞にも可愛いとは言えないが・・・

20110703 016
芝生の中に咲いたネジバナには、ベニシジミが蜜を求めてやってきた。
もう7月。あと3週間でチタケが出る。きのこシーズンの幕開けだ。

関連記事
2011.07.03 / Top↑