FC2ブログ

このところの寒波で、山はすっかり雪化粧した。

20101230 023
自宅近くから望む那須連山。朝日に輝いている。

20101226 001
猫の額で栽培しているナメコ。
今年はもう終わりと思っていたが、寒さに耐えて出ていた。

20101226 005
シイタケと一緒にありがたく収穫する。
ナメコ汁がもう一回楽しめる。

20101230 013
そしてナント、落ち葉の影からセミの抜け殻を見つけた。
この猫の額に引っ越して木を植えてから15年経つが、初めての発見だ。

関連記事
スポンサーサイト



2010.12.30 / Top↑
那須おろしと呼ばれる空っ風の吹く冬晴れの日は、山芋掘りに限る。
掘り置きの芋も少なくなったので、天気を見極めてから、のんびり出かける。
有馬記念も悪くないが、こっちの方が確実だ。

20101226 008
もう、ツルは切れてしまっているので、見つけるのには根気が要る。
こんな笹薮の中で、途切れ途切れになったツルをたどって見つけなければならない。よ~し。突撃-!!
ただ、藪の中に入ってしまえば、風はまったく気にならない。

20101225 023
あった、あった。これです、これ。山芋のツルの一番の元。
地面から数センチ、ツンと出ているこれさえ見つければ、もうしめたもの。この下に山芋が・・・

20101226 011
冬でも汗をかく。汗をかけばコイツがうまい。これ、自然の摂理。
高校駅伝をラジオで聞きながらの一杯は格別だ。

20101226 017
本日の収穫。
赤土で比較的掘りやすい場所だったが、ひねくれた芋が多かったようだ。
早速、味見、あじみ。 で、一杯っと・・・

関連記事
2010.12.26 / Top↑
今は使っていない古い双眼鏡を利用して、超望遠レンズにすることを思いついた。
野鳥撮影などに使う「デジスコ」の応用編だ。

20101225 032
普通なら金属加工の世界だが、技術も道具もないので、木工での挑戦となった。
双眼鏡とカメラのサイズを測り、型紙を起こして材料のベニヤ板を切り出す。

20101225 050
材料はすべて手持ちの端材を使ったので、タダ。構想から組み立てまで、1日がかりの遊びだ。
出来上がったので、三脚に取り付けてみた。

20101225 047
反対側から見るとこんな感じ。ブレ防止のためのレリーズもつけた。
カメラの望遠が35ミリ換算で180ミリ。双眼鏡の倍率が7倍で、合わせれば1260ミリ(たぶん)の超望遠レンズだ。

20101223 014
夜になるのを待って、昇ってきた月を撮ってみた。
もうちょっとよく写ることを期待していたが・・・。40年も前の安物双眼鏡だし、ま~、こんなもんか。

関連記事
2010.12.25 / Top↑
12月になっても、庭の片隅で栽培しているシイタケが出ている。


霜に直接当たらないところがいいようだ。
重なったホダ木や落ち葉の影から、宝探しのように見つけ出す。


小さいシイタケがまだまだ顔を出している。
しかし、さすがに今シーズンはもう終わりだろう。


本日の収穫。今の時期、これだけ採れれば充分だ。
鍋物の材料が一品増えた。


鍋といえば欠かせないのがこれ。
土付きのネギをもらったので、猫の額の畑に植えた。
冬場の鍋料理はサイコー!またまた酒が・・・

関連記事
2010.12.11 / Top↑