FC2ブログ
今日の天気予報は雨なので、山菜採りは1回お休み。
以前から異音を発していた浴室の換気扇を取り替えることにする。
ただ、ダクト式のため、天井裏にもぐらなくてはならないので、ちょっと面倒だ。

20100523 022
新品の換気扇。ホームセンターなどでは手に入りにくいので、インターネットの専門ショップで購入。
送料込みで、7千円弱だった。

20100523 024
平成7年の建築から、冬場の入浴時を除いてほとんど休みなしで回り続けた換気扇。ずいぶん長持ちしたと思う。
何回くらい回ったかは、ただいま計算中。数え切れない・・・

20100523 048
電源の配線も終わって、浴室の天井に取り付けた状態。
手間は多少かかるが、作業自体は難しいことはない。

20100523 026
最後にもう一度天井裏に入って、ダクトを取り付けて完成。作業を始めてから、1時間弱だ。
見積もりをもらった訳ではないが、プロに頼めば、材料・工賃ともで2万円くらいはかかってもおかしくない。
黙っていても、晩酌のつまみが一品増えるはずだ。

関連記事
スポンサーサイト



2010.05.23 / Top↑
近場の山は、緑がすっかり濃くなってきた。
今の時期、選択肢が多すぎて行き先の選定に迷っていると、家族はタラボがいいという。
個人的にはシロキの方が好きなのだが、逆らっては後が怖いので、「ダメモト」で標高の少し高いところのタラボを狙ってみるが・・・

20100522 032
新緑の向こうに、日留賀岳の雄姿を望む。
去年の秋に、テントを担いで行ったスカイラインもはっきり見える。

狙いをつけた場所に行ってみると、
20100522 022
アッチャー!もたいね~ ちょっと遅かったか。

20100522 024
午前中の収穫を確認しながら、一休み。
山菜は採れても採れなくても、このひと時で充分満足だ。

20100522 034
時期は少しはずしたものの、それなりの収穫は確保できたかな?
タラボをメインに、個人的に好きなシロキと、敬遠されがちだが天ぷらにして食べるとおいしいハリギリ。


関連記事
2010.05.22 / Top↑
猫の額の一角に、家庭菜園を作っている。
今日は、苗を植え付けた。

20100516 049
ゴールデンウィークにホームセンターで買っておいた苗。
ナス、キュウリ、ピーマン、ミニトマト。

20100516 051
買えばすぐ植えたくなるのが人情だが、寒さに弱いので、充分暖かくなるまで待ってから植えている。

20100516 052
支柱を立てて、園芸用針金で固定したキュウリの苗。
早く大きくな~れ。

20100516 054
夏になれば、無農薬で取れたて新鮮なものが食べられる。
猫の額のささやかな楽しみだ。

関連記事
2010.05.16 / Top↑
晴れの休日。
こんな日に、家に閉じこもっている手はない。
今の時期、山を歩けば何がしかの山菜は採れる。

20100515 043
前から目をつけていた林道を歩いてみる。
以前来たときはゲートがしまっていたが、今日行ってみたらゲートが開いていて車が通れる状態で、がっかり。
案の定、タラボの木はこのとおり、丸坊主だ。

20100515 032
斜面で見つけたヤブレガサ。
これも食べられるが、味は?採らずに置いてきた。

20100515 034
林道終点まで歩いて、コゴミの群落を見つけた。
今年はもう遅いが、来年期待できる。

20100515 038
さらに沢沿いを歩いてみると、ミヤマイラクサがあった。

20100515 044
自生のワサビも発見。残念ながら、数は少なかった。
味見に茎を5本ほど摘んできた。

20100515 047
本日の収穫。山ウドとミヤマイラクサ。
山ウドがもっと採れるかと思っていたが、期待したほどではなかった。

関連記事
2010.05.15 / Top↑
天然のものだけに、山菜の旬は限られている。
家でゴロゴロしていても仕方ないので、先行者がいないことを祈って、次なる場所へ行ってみる。

20100509 017
ムヒョヒョ~!今日もやったね。
林立する採り頃のタラボの木。

20100509 023
うまそうな山ウドも顔をのぞかせている。
これも期待どおり。

20100509 025
手前の土石を取り除いてみるとこのとおり。
がけ地のウドは、おいしく食べられる白い部分が長いので狙い目だ。

20100509 020
午前中の収穫を前にして、プシュッ。至福のひととき。
このためだけに来たようなものかも・・・

20100509 022
これです、これ!
遠くの雪山を眺め、新緑に囲まれ、鳥の声を聞き・・・
が、しかし、ビールはもうない。

20100509 027
本日の収穫。
昨日より収量は少ないものの、時期がぴったりだったため、極上ものばっかし。
早く風呂に入ってグイーっと飲りたい。

関連記事
2010.05.09 / Top↑
前回タラボ採りに行って少し早かった場所に再度行ってみる。
人に先を越されてさえいなければ、採れるはずだ。

で、でたー!
20100508 01
青空に向かって満開状態のタラボ。

20100508 02
春の日差しを浴びて輝いていた。やっと、本シコだ。

20100508 03
そして、定番のこれ。「アサヒ」のCMではありませんが・・・
いつもの年より成長が遅れていたタラボも、このところの暑いくらいの陽気で、一気に育ったようだ。
育ちすぎのものもけっこう目立っていた。モッタイナイ。

20100508 04
本日の収穫。四つの入れ物に一杯になった。
帰って計ってみたら、正味7.5キロあった。

20100508 05
これだけあると、仕分けもたいへんだ。な~んちゃって。
極上のウドとタラボをざるに盛ってみた。
今夜は、タラボのフルコースだ。


関連記事
2010.05.08 / Top↑
5連休の最後で、近場の山菜は期待できない。
ここは、穴場狙いを決め込んだ。

20100505 019
例年より1週間ほど遅れのコゴミ。

20100505 024
狙いは当たって、採り頃のコゴミにめぐり合えた。

20100505 025
残念ながら、タラボには少し早いようだ。
次回まで残っているかどうか・・・

20100505 034
本日の収穫はコゴミ、エノキタケ、小さ目のタラボなど。
たくさん取れたコゴミは、新鮮なうちに山菜好きの知人に届けた。

関連記事
2010.05.05 / Top↑
春の雪山の「ザクザク」感を、久しぶりに味わいに出かけることにした。
目指すのは、整備された登山道のない栃木県北の 「秘峰」 大佐飛(大蛇尾)山だ。

20100504 053
黒滝山からの南側の展望。
歩き始めて3時間。ここまでは登山道が整備されている。

20100504 027
この先、藪が雪に覆われている今の時期がベストシーズンだ。
軽アイゼンをつけて、長大な雪庇の上を延々と歩く。

20100504 046
なかなかその正体を現さなかった大佐飛(大蛇尾)山が見えてきた。
望遠レンズなら簡単に寄れるのだが・・・

20100504 030
ようやくたどり着いた大佐飛(大蛇尾)山頂。ここまで5時間半近くかかった。
けっこう物好きがいるようで、山名板がやたら目に付くが、展望は良くない。

20100504 036
山頂を離れて、見晴らしの良い場所でランチタイム。
このひと時があるから止められない。コデランネ~!
アサヒビールさん、CMのワンシーンにいかがでしょうか。

延々11時間に及ぶ山行で疲れはしたが、印象に残る一日だった。


関連記事
2010.05.04 / Top↑
連休中であまり期待はできないが、天気が良いので山菜採りに出かけてみる。

20100504 042
さすがに人がたくさん入っているようで、あらかた採られた後である。
でも、目的がこっちなので、成果はどうでもいいような・・・

20100504 047
今年はいつもの年より育ちが遅いので、サンショウの芽もまだ小さい。

20100504 044
途中で見つけたお花畑。
花の名前は知らない。

20100504 052
本日の成果。いつもの年ならもっと採れるのに・・・

20100504 054
体裁よく並べれば、さすがに見栄えがいい。

20100504 017
庭で栽培しているシイタケと一緒に、ホイル焼きにしてみた。
香りが良くて、おつまみに最高。(^^♪

関連記事
2010.05.03 / Top↑