FC2ブログ
昨日は少し汗ばむくらいの晴天に恵まれた。
しかも新緑の季節、山菜採りに行けと言わんばかりだ。

しかし近場の野山は、大型連休中に多くの人が歩いたに違いない。
少しくらい遠くても、あまり人の入らない山の方が確実だろう。

P1110350.jpg
そこで、去年も行った林道を目指すことにした。
林道の入り口に車を止めてしばらく歩くと、がけ崩れで人がやっと一人通れる程度に削られていた。

P1110356.jpg
そんな状態だから、連休中も人が歩いた気配はない。
さっそく、見事なタラボのお出ましだ。

P1110359.jpg
コゴミは案の定、開いてしまっていた。
一度に両方というのは、やっぱり虫が良すぎるようだ。

P1110368.jpg
アチャ~。木によってはタラボもこんなに開いている。
これだけ開いてしまってはさすがに見送りか・・・

P1110374.jpg
去年と同じ場所で、プシュッ!
あ”~ これがあるからやめらんね~。

P1110381.jpg
見上げれば、眩しいばかりの新緑と青い空。
耳を澄ませば、小鳥のさえずりと谷川のせせらぎ。
時間をかけて歩いてきた甲斐があるというもんだ。

P1110365.jpg
杉の木に負けじと背を伸ばすタラの木。
市販の山菜鎌では短くて太刀打ちできないが、こういう時に柄を長くした自作ガマが役に立つ。

P1110373.jpg
大水で流されたがけ地の縁に、開き気味のコゴミが一株だけ。
このくらいがおいしく食べられる限界だろうか。

P1110387.jpg
本日の収穫。
大きく開いたタラボが多かったので、量だけはたくさんあるように見える・・・ (^_^;)

まあ、近場で採り残しを拾うよりはよかったハズだ。(たぶん)
林道なので藪山と違って歩きやすかったし、何より、いばら類のトゲで足を傷だらけにしなくて済んだ。
カゴが壊れてしまったのがちょっと痛いが・・・

スポンサーサイト



2020.05.09 / Top↑
日本全国、外出自粛ムード一色のようだ。
元々が天邪鬼オヤジでも、この状況ではさすがに遠出は憚られる。

が、今は山菜の季節。
そこで昨日、地元の山へ単独でこっそり出かけてみた。
何だ、毎年行っているフツーの山菜採りじゃないか・・・

20200429 雪山
那須地方はまさに新緑の季節。
萌え出した木々の向こうには、雪をかぶった那須連山が見える。

それにしても、一応は観光地の、しかも休日だというのに道路はガラガラ。
日本人はみんな、マジメなんだな~。
ま、施設がどこも休みじゃ出かけてもしょうがないか。

20200429川
裸足になって、雪代で冷たい川を渡り、向こう岸のヤブを目指す。
遠回りすればクルマで対岸に渡れないこともないが、まあ、これも遊びの内だ。

20200429タラボ
採り頃、食べ頃のタラボ
冷たい思いをした甲斐があるというもんだ。

20200429コゴミ
コゴミには少し遅かったようで、どれも葉が開いていた。

20200429エビス
広々とした河原でのお昼は実に気持ちがいい。
自宅で弁当を詰めてくれば人との接触はないので、コロナの心配もない。

20200429サクラ
新緑の中に咲くサクラ。
例年なら遠くの山には雪が残っているはずだが、今年はやはり雪が少なかったようだ。

20200429林立
ウッヒョ~!
このくらいまとまって生えていればすぐにカゴがいっぱいになるんだが・・・

20200429シロキ
帰りがけには別の山に寄り道してシロキもゲット。
タラボに比べれば、採るのにさほど苦労しなくても済む。
こっちの方がおいしいと思うんだけどな~

20200429収穫
本日の収穫。
このくらいは採ってこなくては、お上の要請に背いて外出した意味がない。

まあ、途中、誰にも会わないんだから、許してもらえる範囲だろう。
さて今日は、天ぷらの他に胡麻和えとバター焼きで一杯飲るとするか・・・

2020.04.30 / Top↑
桜の花が一段落して、木々の緑が本格的に萌え出した。
当然、タラノキやシロキも・・・
という訳で、昨日、初物山菜を狙って野山を歩いてみた。

20200417 タラボ1
キタ~! 初物タラボ
もうこんなに大きくなってる。

なんだ、いきなりピンボケ写真じゃねーか? (^^ゞ
1年ぶりなので、コンデジのピント合わせのコツを忘れてしまったようだ。

20200417 シロキ
お次はシロキの芽。
個人的にはこっちの天ぷらの方が美味いと思うんだが・・・
我が家のカミ様はタラボの方が好みなので、幸い、ケンカしないで済んでいる。

20200417 エビス
タラボ、シロキとくれば、次は当然エビスの出番だ。
遅咲きの桜を愛でながら、一人でカンパーイ

春の野山は、いわゆる 「3密」 とは無縁の開放、分散状態だ。
コロナウイルスもここまで追いかけては来ないだろう。
まあ、不要、不急の外出といえばそうかも知れないが・・・

20200417 タラボ2
それでも、1年の内で今しか採れないこんな美味い自然の恵みを見逃す手はない。

20200417 収穫
本日の収穫。
予想していたよりもずいぶん大きくなっていた。
初物の収穫とすれば、まあ、良しとしなければならないだろう。

20200417 天ぷら
山菜の食べ方はいろいろあるが、やっぱり天ぷらがサイコー。
これで1杯飲ってこそ、春が来たのを実感できるというもんだ。

次の日、天つゆで煮からめて、ご飯にのせて食べるのも捨てがたいな~

20200415 雌モズ
今日のおまけ写真。
雌のモズだ。
雄に比べると、何となく優しそうな顔だちをしている。

冬の間は見かけなかったが、暖かくなって頻繁にやって来るようになった。
どうやら、いつも来ていた雄とカップル成立らしい。
そろそろ産卵の時期だが、今年の子育てはうまくいくんだろうか・・・

2020.04.17 / Top↑
大型連休が過ぎ、自宅近くの木々の緑は日に日に濃くなっている。
そんな中、一昨日、南会津地方の低山歩きに行ってみた。

20190511 008
杉林の中で、広葉樹の若葉が逆光を受けてキラキラ輝いていた。

20190511 025
沢筋にはコゴミの群落があるが、すでに開き切っていた。
まあ、時期的にこれは想定の範囲内だ。

20190511 034
杉の木が大きくなってしまったので、タラの木も大きいものしか残っていない。
ちょうど採りごろの立派なタラボだが、高くて採るのにひと苦労だ。

20190511 012
ポツポツ採りながら、林道の終点付近でひと休み。
この山は2年ぶりだが、その間に木が育ってしまって、展望はイマイチ。
暑いくらいだったので、プレモルがたちまちの内に・・・

20190511 023
ウドも採れるはずだが、少し時期が早過ぎたようだ。
小さい芽がいくつかある程度で、太いのはまだ土の中だった。

20190511 044
高台から対岸の山を望む。
平日に、こんな山奥の林道を歩く物好きは他にいないようだ。

20190511 050
本日の収穫。
ウドも同じくらい採れると期待していたが、チョッと想定外。
まあ、ヤブもなかったし、のんびりとハイキングしたお土産と思えばいいか・・・


さて、前回の更新時に画像処理が間に合わなかった星の写真だが、そろそろいじり飽きて、どうでも良くなったので今回アップ。

20190404 M65,66S
カメラ:キヤノン KissX8i
レンズ:ビクセン ED80Sf + CLSフィルター
F=7.5 ISO3200 露出120秒 × 45枚コンポジット
大きな画像 → あ、そう

まずは、しし座のトリオ銀河、M65、M66とNGC3628。
、ちゃ~んと写ってる。シロートでも何とかなるもんだ。
ま、写ってるだけで課題だらけだが・・・

20190404 M51S
カメラ:キヤノン KissX8i
レンズ:ビクセン ED80Sf + CLSフィルター
F=7.5 ISO6400 露出120秒 × 45枚コンポジット
→ 大きくなぁれ

お次は、子供の頃からずっと撮ってみたかったM51。
お~!。まだまだレベルは低いが、子供の頃は(半世紀前だ~)どう逆立ちしても撮れなかった星雲の写真が、しかもカラーで撮れるなんて夢のようだ。
デジタル技術、恐るべし・・・

この世界、奥が深そうだし、まだまだ楽しめる。
でも、まずは自分の技術の向上だろうな、やっぱし・・・

2019.05.11 / Top↑
野山では若葉が萌え、外遊びには絶好の季節になった。
しかも晴天となれば、出かけない訳には行かない。

20190502 047
世の中は10連休とあって、山菜採りも人が行きやすい場所では多くの収穫は望めない。
今日は、この川を渡った先にあるヤブ山を目指した。

今年の山の雪は少ないのかと思っていたら、けっこう水量があって、いつもの年よりも多いくらいだった。

20190502 032
早速、タラボのお出迎え。幸い先行者はいないようだ。
やっぱり、こうでなくっちゃ・・・

20190502 010
コゴミも期待していたが、すっかり開いてしまっていた。
まだ小さそうなのを少しだけ摘んできた。

20190502 020
広々とした川原で春風に吹かれながら飲むプレモル。
コレがあるからやめられない。

20190502 056
一休みした後は別の山へ寄り道して、シロキの芽を収穫。
世間ではタラボの方が人気があるようだが、こっちの方がうまいという人も多い。

20190502 067
本日の収穫。マズマズの量になった。
ちょっと開き気味のものも多かったが、大型連休の真っ只中で、これだけ採れれば御の字か。


さて、家へ帰ってきて天気予報を見れば、夜は快晴。
しかも新月に近く、一晩中、月明かりの影響がないとう好条件だ。

20190420 108
休む間もなく、天体写真の撮影機材を引っ張り出した。
ただし、調子に乗って飲み過ぎないように・・と。

あまり大きな声では言えないが、機材が少しずつ増殖してる。
まあ、庭に広げた時点でバレバレだが・・・


20190404 041
まずレンズを向けたのは、しし座にあるトリオ銀河。
上の写真は撮ったまんまの1枚写真だが、今日はここまで。

我が家の古いパソコンでは画像処理に時間がかかるので、結果は次回のお楽しみだ。
もっとも、出来栄えによってはアップしないで知らん顔するかも・・・
(いや、そうなる可能性のほうが高いんじゃないの?) (^^ゞ

2019.05.03 / Top↑