FC2ブログ
しばらくブログの更新をサボっているうちに、いつの間にか大晦日だ。
前に作った簡易赤道儀CD-1用の極軸望遠鏡を少しいじってみる。
  http://noasobitake3.blog.fc2.com/blog-date-20130407.html
アイピースの視野をもう少し使いやすくできないかと考えた。

20141231 001
手書きの図柄を透明のフィルムに縮小コピーしてみた。
うわっ! きたなっ!! ごみだらけ。

20141231 002
それでも、望遠鏡を北極星に向けるとこんな感じ。
これなら何とか使えそうだ。

20141231 003
CD-1と300ミリ望遠レンズを装着したカメラの雄姿。
300ミリもの望遠となると、レンズがどこを向いているのか見当が付かないので、アクセサリーシューにはファインダーも取り付けてみた。
ファインダーとはいっても、コルキットスピカという手作り望遠鏡だが、充分役に立っている。。

20141231 004
そんなこんなで、先日の深夜に寒い思いをして撮った写真がこれ。
おおぐま座のM81とM82だが、何とか写ってる。
なかなか奥が深い世界だな~。





スポンサーサイト



2014.12.31 / Top↑
ポータブル赤道儀CD-1は、小さい割にはなかなかの代物のようだ。
そうなれば、さらに精度の高い追尾をしてみたくなるのが人情というもの。
そこで問題になるが正確な極軸合わせだが、中年オヤジの近眼+老眼では、付属のパイプは何の役にも立たなかった。
極軸望遠鏡(極望)が欲しいところだが、専用のそれは1万円もする。
小遣いにそんな余裕はない。となれば、あとは自作の道しかない。

20130330 006
CD-1をよく見ると、極望取り付け用のネジ穴がきってあるので、ここにネジ止めだ。
望遠鏡は、前に買って遊んでいた星の手帖社の4センチのレンズが手元にあったので、これを再利用する。
鏡筒はもう跡形もないが、トイレットペーパーの芯などを利用して組み立てた。

20130330 016
取り付け台は、得意な(これしかできない)木造。
角度にだけは気をつけてカットし、ボンドで接着した。

20130330 005
お次は、実際にCD-1に取り付けて、方角の確認だ。
赤道儀の回転軸に極望の向きが合うように、実写しながら微調整する必要がある。

20130330 004
上の写真は、夜、赤道儀を回しながら20分露出したものだ。
電柱の中程を中心に赤道儀が回転しているので、極望のセンターがここを向くようにすればいい。

20130330 729
あとは、極望内の視野に目印の線を引く。
といっても実際には、アイピースの内側に線を引いたセロテープを貼っただけ。 (ハハハ・・・)
円の直径は、角度にして約1.5度(たぶん)なので、北極星がこの線上にあればいいことになる。
方位角は、季節や時間によっても違うので、その都度ほかの星座の位置から見当をつけるしかない。
相変わらずいい加減だ。

せっかくの週末なのに、さえない天気が続く。
あと10日もすれば、いよいよ春の山菜シリーズが始まる。
そうなれば、当然、山菜採りの方が優先だ。
極望を使っての試写は、いつになることやら・・・

... 続きを読む
2013.04.07 / Top↑
冬場は、どうしても野遊びのネタは少なくなりがちだ。(トシのせいか?)
セリ摘みも、このところの寒さで田んぼの土が凍ってスコップが入らない。
そこで、冬の夜空に輝く星たちに目をつけた。

20130107 013
ものめずらしさも手伝って、手動ネジ回し式木造簡易赤道儀(自称:イタ赤)を試作したのが一昨年の8月。
それ以来、お遊びで星の写真を何回か撮ってきた。

20130107 018
いろいろ改良を重ねて、追尾精度はそれなりに向上した。
しかし、所詮は手動式なので、集中力にも限界がある。(ましてや、ヨッパライだ)
それに何より、冬は寒い。

20130107 020
そこで、とうとう新兵器のお出ましとなった。
アイベルのCD-1。いちおう、モータードライブの簡易赤道儀(通称:ポタ赤)だ。
本格的な赤道儀には及ぶべくもないが、手軽さとサイフの軽さで選んだ。

20130107 029
で、さっそく作ったのがコレ。赤道儀を三脚に取り付けるための架台だ。
専用のものも売ってはいるが、これで充分(?)。節約、セツヤク。

20130107 037
ガラクタ箱の端材を使って、新しく買ったのはネジ類だけだ。
ACアダプターは手元にあったものが運よく使えた。

これなら、ヨッパライにもベランダで手軽に星の撮影ができそうだ。
よ~し。かつての天文少年が半世紀近くの時を経て、天文オヤジとして復活だ~!! 

... 続きを読む
2013.01.14 / Top↑
一昨年クルマを買い替えて、ひと冬は冬タイヤ無しで過ごした。
通勤や日常生活で冬タイヤが活躍する機会はそう多くはないが、行動範囲がどうしても制約されてしまうので、遅まきながら冬タイヤを購入した。

20120109 019
日当たりの良い場所で、遠くの雪山を見ながらタイヤ交換だ。

20120109 023
スタッドレスタイヤの定番、ブリヂストンのREVO2。ちょっと奮発。
これで雪道を気にせずに遊びに行ける。

2012.01.09 / Top↑
カシオの腕時計の電池が切れてしまったようで、交換することにした。

20111112 006
機種は、CASIO BM-100WJ。
圧力センサーが付いていて、気圧、高度、水深が測れる時計だ。
今から20年も前の時計だが、いまだに現役で活躍している。

20111112 007
電池は、SR927SWが2個。通販で購入した。
1個127円で、送料190円を入れて総額444円だった。
裏ブタを開けて、さっそく交換。パッキンが古くて、防水機能は望めそうもない。

20111112 002
プロトレックも持ってはいるが、気軽に着けるにはちょっとゴツイ。
普段の野遊びには、もっぱらこの古時計を使っている。
高度計の機能は、最近の機種と比べても遜色はないようだ。

2011.11.12 / Top↑