FC2ブログ
ベーコン用の豚バラ肉を仕込んでから2週間あまり。
危うく忘れてしまうところだったが、すんでの所で思い出した。
老化した頭には、2週間というのは長過ぎたようだ・・・

と、その前に星の写真を1枚。

20190301 岩本彗星
キヤノンEOS 50D
タムロン 90mm F2.8 マクロ + CLSフィルター
F=5.6 ISO6400 露出60秒 × 40枚コンポジット


ぎょしゃ座を移動中の岩本彗星を3月1日に撮ったもの。
ちょっと分かりづらいが、中央右よりのぼんやりとした緑色が岩本彗星だ。
ヨッパライがタイマーの設定を間違えたらしく、露光時間が短くなってしまった。 (-_-;)
相変わらず、なかなか満足なデキにならない・・・
こっちの方がよく見えるかも → ホントかよ?


20190306 002
さて、ここからがベーコンのお話。
塩抜き、乾燥の工程を経て、ようやく一昨日の晴天の下でスモークと相成った。
今までは、熱源に七輪と炭を使っていたが、さすがに電熱器の方が温度管理が楽だ。テキトーにチップを追加しながら、陽だまりの中でのんびりと過ごす。

20190306 013
そして約4時間後。
ジャ、ジャ~ン!
スモーカーの中で、春の暖かい日差しを浴びてベーコンが黄金色に輝いている。

20190306 027
さてさて、上手くできたかな?
物の本には、一晩、冷蔵庫で寝かすなどと書いてあるが、まずは味見するのがトーゼンだ。

さっそく切ってみると、中はほんのりピンク色。もちろん、発色剤などは使っていない。
ん~、こりゃたまらんわ!
今まで作った中で、一番美味くできたかもしれない。
思わず、ビ、ビール!
とても夜までなんて待っていられない・・・


スポンサーサイト



2019.03.07 / Top↑
2月下旬になって、厳しい寒さもどうやら峠を越したようだ。
昨日は、この時期の楽しみの一つ、燻製を作ってみた。
(まあ、夏でもできない訳ではないが・・・)

20180211 003
用意したのは豚のモモ肉。近くのスーパーで100グラム108円の特売品だ。
最初に上の写真のように塩を多めに振って血抜きをしておくと、切ったときの見栄えがよくなる。

本来ならバラ肉を使ってベーコンといきたいところだが、生活習慣病持ちのオヤジとしてはこの辺が妥協点か。
(そんなら作らなければいーだろーが・・・)

20180211 009
続いて漬け込み。塩の分量だけはそれなりに量るが、スパイスや砂糖の量はテキトーだ。今回は、塩分が均等に回るように、焼酎を少し垂らしてみた。

ここまでが、2週間ほど前の作業。
あとは、冷蔵庫の隅に放り込んでおくだけだ。モノの本には、1日に1回天地を返す様なことが書かれているが、そんな面倒なことはしたためしがない。

20180224 006
仕込んだことをすっかり忘れて2週間、3日前にふと思い出して塩抜き開始。
水道を出しっ放しにするのはもったいないので、溜め水で時々入れ替えながら丸1日かけた。
塩分の摂り過ぎもオヤジの体には良くないので、薄いくらいでちょうどいい。
(マタかよ・・・)

20180224 011
そして昨日、冷蔵庫で一晩乾燥させたあと、いよいよスモークだ。
スペースが空いていたので、ついでにゆで卵も入れてみた。

20180224 022
熱いコーヒー (ビールじゃないよ) を飲みながら、サクラのチップを使ってのんびりスモークする。寒さは感じない。
これまでは炭火にこだわって七輪を使ってきたが、今回は電気コンロに替えてみた。さすがは文明の利器、温度管理が格段に楽になった。

20180224 021
スモークすること3時間少々。まあこんなもんかというところで、終了。
この時間もチップの量もいつもテキトーだ。

20180224 025
本日の成果。いつの間にか、チーズも加わっている。
うまそ~

20180224 028
さっそく味見だ~。  こりゃ、うまいわ。
これもモノの本によると、一晩冷蔵庫で味を落ち着かせるらしいが、飲み意地と食い意地の張ったオヤジが翌日まで我慢できる訳がない。
味見と称しながら、そのままいつもの晩酌に突入するのはごく自然の流れだった。 (^^ゞ

2018.02.25 / Top↑
1か月くらい前に仕込んで、冷蔵庫に放り込んでおいた肉を引っ張り出して、スモークすることにした。
中年オヤジには良くないと分かっていながら、この時期、作りたくなってしまう。

20130210 014
バラ肉を使ったベーコンはやめて、脂分の少ない肩ロース肉のハムだ。 (はかない抵抗だ・・・)
仕込んだのは、写真の記録を見ると1月27日。

20130303 007
塩抜き、風乾のあと、フキンにくるんで下準備は完了。

20130303 020
そしてスモーク。時間は適当だが、4~5時間くらいか。

20130303 030
最後は70度のお湯でゆでること2時間。

20130303 035
時間はかかるが、お金と手間はたいしてかからない。
酒の肴にはなるし、成人病さえなければ、この時期の暇つぶしにはもってこいだ。

2013.03.03 / Top↑
もうずいぶん前に仕込んでおいた豚肉を冷蔵庫から引っ張り出して、やっと燻製した。

20120329 011
暖かくなり始めた日差しの中、スモーク開始。
怠慢して、部屋の中からの撮影だ。

20120329 015
2本の肉のうち、1本は鍋でボイル。
これは、ハム風味になるはずだ。

20120329 017
もう1本は、燻製器の中で70度に加熱。
バラ肉を使えばれっきとしたベーコンになるのだが、中年オヤジにバラ肉は有毒(?)なので・・・

20120329 028
でき上がりをさっそく切ってみた。
切り方と写真の撮り方が下手なので、あまり美味そうには見えないが、ところがどっこい「コデランネー!」 で、酒が進んでしまう。
脂身は少なくても、やっぱりオヤジには有毒か。 (^^ゞ

2012.03.29 / Top↑
曇りの週末、外遊びはお休みだ。
そこで、同じ暇つぶしでも、今回は酒のつまみになる燻製のお話。
成人病が進むのを覚悟で、暖かくなる前にもう一回楽しもうと考えた。

20120304 006
早速、スーパーで豚肉のブロックを2切れ仕入れてきた。値段は千円弱。
一つはハム風に、もう一つはベーコン風に仕立てようという魂胆だ。
詳しいレシピは、ネットにたくさん載っているので、ここでは省略。

20120304 007
まずは、塩をたっぷりと振って、血抜き。
これをやっておくと、でき上がって切った時の見栄えがだんぜん違う。

20120304 015
そして、塩漬け。塩の分量は正確に量るが、それ以外のスパイスは、種類も量も適当(いいかげん)だ。
あとは1~2週間程度、冷蔵庫に放り込んでおくだけ。

仕込んで、スモークして、食べ終わるまで1か月以上はかかる。
しかも美味いときている。中年オヤジには良くないのだが・・・
千円でこれだけ楽しめれば充分、元が取れるというものだ。

2012.03.10 / Top↑