上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10月最後の日曜日だった昨日、晩秋のきのこを探しに雑木山へ行ってみた。
たぶん、今年のきのこ採りはこれが最後になるだろう。

20161030 013
最終盤のこの時期、予想どおりクロシメジ (シモフリシメジ) が出ていた。

20161030 021
クリタケもこの時期のきのこだ。

20161030 042
モミジがあちこちで鮮やかに色付いている。

20161030 046
落ち葉の中で、たちまち口を開けて横になってしまう恵比寿様だった。
尾根筋でじっとしていると、さすがに風が冷たく感じる。

20161030 016
午後の山でも、クロシメジがぽつぽつ採れた。
それにしても、見つけるのに苦労するきのこだ。

20161030 036
木々の間から遠くに目をやると、日留賀岳方面はもう白くなっていた。
今年のきのこシーズンも、いよいよ終わりだ・・・

20161030 074
本日の収穫。
ちょっと物足りない結果となったが、まあ、こんなもんか。
紅葉の静かな山を楽しんだんだから、文句は言えない。

さあ、11月からは、次の楽しみが待っている。

スポンサーサイト
2016.10.31 / Top↑
久しぶりに晴天に恵まれた休日。
やっぱり、この時期はきのこ採りに限る。

20161015 002
山へ行けば、まだまだシシタケが出迎えてくれる。

20161015 010
晩秋のきのこ、チャナメツムタケも出始めていた。

20161015 018
紅葉には少し早いようだ。
見頃になるにはあと2週間くらい必要か・・・

20161015 025
天気が良くて湿度が低ければ、当然、喉が渇くというもの。
晴れ渡った秋の山で飲むのはサイコーだ。

20161015 055
数は少なかったが、おいしそうなハナイグチもチラホラ。

20161015 047
気温が下がったせいで、虫食いのないきれいなきのこだった。
ただ、期待していたクロシメジには少し早かったようだ。

20161015 056
本日の収穫。
奥の方に見えるのは、先週採ってきて乾燥中のシシタケ。
ようやく、常識的な収量に戻った感じだ。

2016.10.16 / Top↑
10月になっても、相変わらず晴れの日が少ない。
3連休のうちでは昨日の天気予報が一番良かったので、きのこ山へ。

10161010 050
今年、豊作のシシタケ。
先週に引き続き、見事な株が多かった。

10161010 022
ホンシメジは、今年はハズレらしい。
立派な株だったが、1株だけ・・・

10161010 076
クロカワもまだまだ健在。
食べ慣れると、酒のつまみにはもってこいのきのこだ。

10161010 079
本日の収穫。
あ~、またシシタケを干さなければ・・・ 贅沢な悩みだ。

20161010 003
きのこを洗いながら、焼酎をチビチビ飲るのも楽しいもんだ。

2016.10.11 / Top↑
このところ、天気がどうもパッとしない。
それでも、少しだけ晴れ間が覗いた昨日の日曜日、山へ行ってきた。

20161002 002
我が家の近くでは、キンモクセイが咲いている。
ということは、秋きのこはシーズン真っ盛りということだ。
山に着くと、目的を同じくする人たちが何組もいた。
日曜日の9時過ぎにノコノコ出てきたのだから、今さら急いでも仕方ないので、マイペースで歩き始める。

20161002 020
ところが、目指す山に入って5分もしないうちに、こんなシシタケとご対面だ。
2週間前に来たときは、何の気配もない場所だったのに、シロになってボコボコ出ていた。
1時間ほどで背負い切れなくなったので、途中でスゴスゴ退散の羽目に・・・

20161002 022
次の山ではホンシメジを発見したが、1株しか見当たらなかった。
ん~・・・ こっちは残念!

20161002 031
なんと、今頃になってチタケが何本か出ていた。
今年の夏は、よっぽど条件に恵まれなかったのだろうか・・・

20161002 040
なかなかお目にかかれないホンシメジとチタケのコラボ。
そして、今日もたちまち寝てしまうエビス様だった。

20161002 050
午後の部でも見事なシシタケの株をゲット。
去年はあまり採れなかったが、今年は当たり年のようだ。

20161002 053
尾根筋にはショウゲンジが丸い頭を出し始めていた。
これからゾックリ出てくるに違いない。

20161002 064
本日の収穫。いや~、重かった・・・
それにしても、シシタケ一色の1日だった。

天気が悪くて外に干せないので、家の中全体にシシタケの香りが充満している。
早く晴れてくれ~!

2016.10.03 / Top↑
9月も下旬に入り、秋きのこのシーズン真っ盛り。(のハズ)
昨日の土曜日も、曇りがちの天気だったが、飽きもせずに山へお出かけだ。

20160924 003
まずは、カキシメジ (クリフウセンタケ) がチラホラ出ていた。
ただ、大きなシロには今日も巡り会えずじまいだった。

20160924 006
そして、先週に続いてセンボン (シャカシメジ) が採れた。

20160924 029
イッポンシメジ (ウラベニホテイシメジ) のおいしそうなのもゲット。
なるほど、こうして見ると、株状のホンシメジに対してイッポンシメジという名前も納得できる。

20160924 014
先週採れたきのこをつまみながら、ひと休み。
真夏と違って、秋の風が気持ちいい。しかもエビスだ。

20160924 022
午後の部では、センボンのシロに遭遇。
大きな株がいくつも連なって出ているのは実に壮観だった。

20160924 041
本日の収穫。
先週と代わり映えしない結果だったが、それにしても、センボンの量はすごかった。

シシタケも期待していたが、今年はまだ見ていないなあ。
このあと、出てくれるだろうか・・・

2016.09.25 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。