FC2ブログ
大寒とはとても思えないような暖かい日が続いている。
(とは言っても、年寄りには十分、寒いのだが)
このまま、春になってしまうのだろうか。

そういえば今年になって初めてのブログ更新である。
1か月もの間、何やってたんだか・・・

梅寄せ植え
とりあえず、おめでたそうな梅の写真を1枚。
実はこの梅の花は、もう2週間も前にすっかり散ってしまっている。
 (^^ゞ

さて、更新ネタの少ない冬場の遊びとして天体写真を少しずつ撮っているが、ヨッパライのやることゆえ、なかなか上達しない。
課題はいくつもあるが、老眼+近眼の身にはピント合わせも難しい作業の一つだ。

オートフォーカスは使えないので手作業で合わせることになるが、焦点距離が長くなるほどピントがシビアで、せっかく合わせたつもりでも長時間写しているうちに何かの拍子に動いてしまうこともある。

ピントリング1
そこで、こんなものを作ってみた。
塩ビパイプを輪切りにして、L型の金具を取り付けただけの簡単なもので、レンズのピントリングが動かないように、ねじで固定してしまおうという魂胆だ。
ん~、ゴツくてブサイク・・・ 

ピントリング2
実際にレンズに取り付けてみたところ。
やっぱり、ゴツくてブサイク・・・ (^_^;)

試作品ゆえスマートさは微塵もないが、その効果の程や如何。
ピンボケ写真を量産して悔しい思いをすることが減ってくれればいいんだが・・・

IMG_2031.jpg
一昨日の晩、久しぶりに冬晴れに恵まれたので早速、試してみた。

まだ街明かりが強い18時半頃、高度も低かったので期待はできないが、まずレンズを向けたのは、オリオン座の馬頭星雲
露出オーバー気味で、撮って出しの1枚ものではあまりよくわからない。

馬頭星雲test
キヤノンEOS kissX8i
シグマ 70-300mm APO DG MACRO (300mm) + CLSフィルター 
F=8 ISO3200 露出90秒 × 70枚コンポジット
大きな画像はここよ → ふ~ん、こんなもんかい


70枚重ねて画像処理をすると、星雲が何とか浮かび上がってきた。
ピントはそこそこ合っているようなので、条件が良ければもう少し写りそうだ。

IMG_2129.jpg
お次の狙いは、オリオン座の東隣にあるいっかくじゅう座のバラ星雲
一応、今日の本命だ。

撮り始めたのは21時半頃から。
これも1枚だけでは星雲の判別は難しいが、空がずいぶん暗くなっているのがわかる。

バラ星雲
キヤノンEOS kissX8i
シグマ 70-300mm APO DG MACRO (300mm) + CLSフィルター 
F=8 ISO3200 露出120秒 × 68枚コンポジット
大きな画像はここよ → 少しはマシになったかよ


な、なんと、それなりに写っているではないか!
子供の頃、夢のまた夢だったバラ星雲が、しかもカラーで、こんなシロートオヤジにも写せるようになるとは・・・
デジタル技術の進歩、恐るべし!

もちろん改善すべき点はまだまだあるが、とりあえず、ピント合わせに関しては一歩前進か。
それでも、自宅に居ながらにして子供の頃のあこがれだった写真が撮れるんだから、これはもう、楽しくないはずがない。

さあ、次は何を撮ってみようか。対象は無尽蔵にある。
新型ウイルスにやられないように、アルコール消毒でもしながらゆっくり考えるとしよう。

スポンサーサイト



2020.01.31 / Top↑
しばらく更新をサボっているうちに、もう大晦日。
いつものことながら、時の経つのは早いもんだ。

さて、しばらくご無沙汰だった自然薯掘りだが、お正月の在庫確保のため、一昨日、久しぶりに行ってきた。

20191228 藪山風景
1か月の間に木の葉はすっかり落ちて、完全に冬の装いだ。
何本かでも掘れればいいが・・・

20191228 山芋の種
木の枝には山芋の種が絡みついているが、ツルは途切れてしまっている。
もう今の時期は、笹薮の中を慎重に探さないと見つからない。

20191228 本日の収穫
でもって途中省略で、いきなり本日の収穫。
何、これ? ずいぶん細かく切り刻んだもんだ。 (^_^;)

場所のせいか、変形した芋が多かったようだ。 (一応、言い訳を・・・)
きれいに洗いさえすれば、美味しさが変わるわけじゃないからね~


久しぶりの更新なのに、これで終わってしまってはちょっと寂しいので、1週間ほど前に撮った星の写真を少し・・・

20191225 カシオペア座S
キヤノンEOS kissX8i
キヤノンEF 50mm F1.8 Ⅱ + ソフトンA、CLSフィルター 
F=4 ISO1600 露出180秒 × 62枚コンポジット
大きな画像はここよ → デン


先ずは 「W」 の形でおなじみのカシオペア座
二重星団などがそれなりに映っている。

IMG_1943[1]
お次は冬の星座の代表格、オリオン座
撮ってそのままの一枚ものだ。ギョーカイ用語では 「撮って出し」 と言うらしい。
中心部より南側を撮ったので、超新星爆発の前兆と話題になっているベテルギウスは、今回は写っていない。

20191225 オリオン座中心部S
キヤノンEOS kissX8i
キヤノンEF 50mm F1.8 Ⅱ + ソフトンA、CLSフィルター 
F=4 ISO1600 露出180秒 × 20枚コンポジット
大きな画像はこっち → デデン


上の一枚ものの写真を20枚重ねて、カラーバランスを調整したのがこれ。
カシオペヤ座の写真も同じで、まあ、にぎやかに写ってはいるが、街明かりやCLSフィルターのせいで、色ムラがひどい。

何とかもう少し見栄えの良い仕上がりにしようと、画像処理を試行錯誤中だが、完成品には程遠い。
Photoshopや天体写真専用のソフトを使えば少しはマシになるんだろうが、お高いしなぁ・・・

そんな中、Gimpという無料のソフトを見つけたので、今はそれをこねくり回し始めた。
が、使い方もまだわからないし、機能が多すぎて全然思ったようにならない。
まあ、天文雑誌に応募するわけじゃないし、少しずつ気長に覚えればいいや・・・
(もうトシなんだし、少しずつだって覚えられないんじゃないの~?)

2019.12.31 / Top↑
晩秋の晴天が広がった昨日だったが、風は思いのほか強かった。
こんなときはヤブ山遊びに限るとばかりに、自然薯掘りに行ってきた。

20191121 山芋の枯葉
上空の風が少しくらい強くたって、一旦ヤブの中に潜ってしまえばそこはもう静かな陽だまりだ。
木に絡みついた山芋の葉っぱはすっかり枯れてしまっていた。

20191121 山芋のツル
ツルはまだ何とか繋がっているようだ。
だが、少しでも力をかけて引っ張ったりするとポロッと簡単に折れてしまうので、不用意に近づくのは禁物。

20191121 鍋焼きうどん
今日のお昼は、タマゴとネギをプラスした鍋焼きうどん。
コンビニのおにぎり2個と同じくらいの値段だが、冬場はこっちのほうが満足度が高いかも・・・ (^^♪

20191121 ムカゴ
所々にムカゴがぶら下がっている。
これも美味しく食べられるが、簡単に落っこちてしまうので数を集めるのはひと苦労だ。

20191121 収穫
本日の収穫。
さすがにヤブの中で焚き火をする訳にはいかないが、デイキャンプのように自然の中でのんびり遊んだ成果とすれば申し分ない。

20191121 とろろご飯
そして今日は、刻み海苔と柚子を添えたとろろご飯。
ついつい食べ過ぎてしまうのもご愛嬌だろう。

素朴だが、実に滋味あふれる季節の味わいだ。
これがあるから自然薯掘りはやめられない。
2019.11.22 / Top↑
11月になって秋晴れの日が続いているが、朝晩の冷え込みは一気に厳しくなってきた。
きのこシーズンは終わってしまったが、お次は当然、自然薯の季節だ。
さっそく昨日、初掘りに行ってみた。

20191106 ミニケヤキの紅葉
我が家のミニケヤキたちも、赤や黄色など思い思いに色付いている。

20191106 輝く山芋の葉
お目当てのヤブでは、自然薯の葉っぱが秋の日に照らされて黄色く輝いている。ツルはまだ繋がっているようだ。
よ~し、このヤブに突入だ~。

20191106 掘り上げ完了
何じゃ、こりゃ~?
今年の1本目、そこそこの芋を掘り上げたが、撮り方が下手なので、これでは何が写っているのかよく分からない。 (^^ゞ
きのこと違って難しい・・・

20191106 収穫
本日の収穫。
いきなりだが、自然薯掘りはどうにも絵にならないので、これでおしまい。
場所の選定が悪かったのか、あまり良い芋は掘れなかった。次回以降に期待しよう。

20191106 ヤマカケ
何しろ今年の初物。カミ様にブツブツ言われながらも赤身のマグロをフンパツした。もちろん、ヤマカケで一杯だ。
明日はとろろご飯がいいかな?
それにしても、マグロは高くなったな~

2019.11.07 / Top↑
早くしないとクロシメジの時期が終わってしまうが、今シーズン、まだ行っていない雑木山が残っている。
どんどん進む季節に急かされるように、一昨日の27日、曇り空にもかかわらず出かけてみた。

20191029 紅葉1
・・・が、期待していた山にきのこは影も形もなかった。
当然、きのこの写真は無いので、紅葉の写真でごまかすしかない。 (^^ゞ

毎年、クロシメジが採れる場所なのに、今年はどうしたことか・・・
誰かに先を越された形跡もないし、また反省材料が増えた。

20191029 チャナメツムタケ
ガッカリしながら、やむを得ず少し戻って別の山へ・・・
そこでようやくチャナメツムタケを見つけて一安心だ。
これで手ぶらで帰ったら、カミ様に笑われるのは間違いない。 (・・;)

20191029 クリタケ
お次はクリタケ。
まあ今の時期、このきのこくらいは採れるはずではあるが・・・

20191029 クロシメジ
クロシメジも少しだけだが見つけることができた。
~。これで何とか格好が付くというもんだ。 (^_^)v

20191029 紅葉とエビス
まあ、きのこよりもコッチが第一という考えもあるが・・・
紅葉に囲まれたひっそりとした山の中で、まるで時間が止まったようだ。
(その割にはエビスの減るのだけは速い。)

20191029 ムキタケ
伐採して放置された埋もれ木の中にムキタケが出ていた。
ヒラタケも少しばかり出ていたが、思わず先に手が伸びてしまったので、写真は撮り損ねた。

20191029 紅葉2
あいにくの曇り空だったが、紅葉が進んで地面に散った色とりどりの葉っぱがきれいだった。

どうやらクロシメジも終わってしまったようだし、今シーズンのきのこはこれが採り納めだろう。
ひとシーズン楽しませてくれた雑木山に感謝しながら現地を後にした。

20191029 収穫
本日の収穫。
きのこの種類も量も前回とほとんど同じで、新聞の日付を見なければ区別できないくらいだ。
まあ、似たような雑木山を歩いているのだから、当然といえば当然か。

さてさて、きのこ採りが終われば、遊びはぼちぼち冬モードだ。
道具も冬仕様に入れ替えなければならない。
焼酎のお湯割りでもチビチビ飲りながら、今後の作戦を考えるとしよう・・・

2019.10.29 / Top↑